テニス

ウィンブルドン後半戦!各試合のブックメーカーオッズ

サッカーではなでしこJAPANが決勝でアメリカに5−2で敗れましたが、澤選手をはじめ、選手の皆様おつかれさまでした。テニスはウィンブルドンが後半戦に入ります。

前半は錦織の怪我での棄権、ビッグ4のナダルが序盤で負ける、ラオニッチが若手ビッグサーバーに負ける等の波乱がありましたが、ジョコビッチやワウリンカ、マレー等は安定して鎮座しています。

後半戦でのブックメーカーオッズを見ていきましょう。


ウィンブルドン優勝候補はやはり世界ランク1位のジョコビッチ

ブックメーカーはジョコビッチを2.10倍と一番低いオッズを付けています。その次にマレー3.00倍、フェデラー7倍。実は2倍、3倍、7倍というのは比較的高いオッズに値します。ブックメーカーを普段される方は手堅く1.1倍以下のオッズを狙っていきますのでオッズ的には狙い目だと思います。

マレー、ワウリンカ、ジョコビッチを破る選手がでてくるのか!?

今日から始まるラウンド16での注目は、各トッププレイヤーにランキング下の選手が、どれだけ食いついてくるかじゃないでしょうか。ウィンブルドン序盤でナダル、ラオニッチが負けていますので、ラウンド16でも波乱が予想されます。その時のオッズはかなり高いので目を離せませんね。

女子は全豪のリベンジ、シャラポワがセレーナを狙っている!

女子の注目は世界ランク1位、2位を長い間鎮座している、セレーナ・ウィリアムズとマリア・シャラポワ。全豪オープン2015ではシャラポワがセレーナと決勝を闘い負けているのでリベンジを狙っているに違いないでしょう。

ウィンブルドンの試合を全中継しているBet365はブックメーカーの大手です。今からブックメーカー投資を考えてる方は是非登録してみてください。

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス

© 2020 心配性ブックメーカー投資