テニス

全仏オープンテニス2016予選 ブックメーカー初心者へ教える賭け方のポイント

全仏オープン 2016

全仏オープン2016の予選が行われていますが、本戦に向け予選からブックメーカーの練習をしてみてはいかがでしょうか?今回はブックメーカーでテニスに賭ける際に「賭ける前にチェックしておく事」、「どのような試合に賭けるか」、を分かりやすく初心者の方へ説明しています。是非参考にしてください。


1.ブックメーカーの登録から始める

まずは自身のアカウントを作成します。ブックメーカーの登録は無料で、年会費等もかかりません。下記より登録方法を詳しく説明していますので参考にしてください。

>>ブックメーカーbet365へ登録する


賭ける前にチェックテニスデータを見る際のポイント

ブックメーカーの登録、口座開設が終われば、賭けたい試合のデータをチェックしていきます。今回は全仏オープンテニスの予選を例として説明していきます。

全仏オープン2016
www.pirec.org

テニスのデータは主に「世界ランキング」、「過去の対戦成績」、「コート種別の成績」、「直近の試合成績」、「ブックメーカー初期オッズ」等をみていきます。中でも世界ランキングは判断材料として大きな役割を果たしますが、各データの判断パーセンテージを付けてみました。(下記は個人の意見になりますので、自分で確立していく事が望ましいです

  1. 世界ランキング 60%
  2. 過去の対戦成績 20%
  3. コート種別の成績 5%
  4. 直近の試合成績 5%
  5. ブックメーカー初期オッズ 10%
上記項目をチェックできるのが「テニスエクスプローラー

>>様々なテニスエクスプローラーの使い方

「世界ランキング」と「過去の対戦成績」で80%をしめていますが、理由として複数賭ける場合や、チャンスだと感じた際の賭ける処理スピードを考えると、一気に上記の項目全部を調べる事が難しいです。

事前に賭ける方法なら必ず上記5項日は調べますが、テニスの試合を見ていて、どれに賭けようかなと探している最中に、良い試合に出会いすぐに判断しないといけない状況の場合は「世界ランキング」と「過去の対戦成績」をサラっとチェックします。

「世界ランキング」、「過去の対戦成績」共に賭けたい選手が相手より勝っている場合は、その選手に賭ける決心がつきますが、賭けたい選手が世界ランキングが相手より上なのに、「過去の対戦成績」で相手より負けている時はどうすればいいか?このような試合はまず事前に賭ける事は控え、「ライブベッティング」する事をオススメします

「ライブベッティングとは試合の状況を見ながら賭けていく方法」です。世界ランキングが上でも相手との相性が悪く過去の成績で負けている可能性もあるので、「試合の流れ」を把握して賭けていくといいでしょう。そして、このような試合ではオッズが高く設定されています。賭け方を判断するポイントをまとめてみたので、みていきましょう。

ブックメーカー初心者が賭け方を判断するポイント

データを集め、ある程度自分が賭けたい選手に自信がついた後は、どの賭け方が良いかを判断していきます。基本的な賭け方として以下があります。

  1. Match Winner(マッチウィナー)試合の勝敗を予想する
  2. Set Winner(セットウィナー)各セットの勝敗を予想する
  3. Game Winner(ゲームウィナー)各ゲームの勝敗を予想する
  4. Over/Under(オーバー・アンダー)各セットのゲーム数を規定数値より上か下かを予想する
事前にデータを集める余裕がある場合は、Match Winnerで賭けてください。世界ランキング、過去の対戦成績、コート種別の成績、直近の試合成績、ブックメーカー初期オッズ等、これらのデータを見て賭けたい選手に自信がでた場合は迷いなく賭けていきましょう。

Set Winner、Game Winnerはライブベッティング向けの賭け方です。「試合の流れ」を把握し、次のセットは?次のゲームは?と結果がすぐに分かる賭け方なので、よりブックメーカーを楽しむ事ができます。

Over/Underについては、ブックメーカー側で規定の数値が設けられます。その数値より上回るか下回るかを予想するのですが、どのような選手同士の試合に有効かを考えていくと良いでしょう。Overについて選手同士の実力やデータがほぼ互角の場合は有効的で。Underの場合は逆です。

では実際に全仏オープンの試合を参考に初心者にオススメな試合をみていきたいと思います。

全仏オープン2016予選で初心者にオススメな試合

下記の画像はブックメーカーbet365の試合一覧とオッズです。

全仏オープン2016
オッズ差がある試合をピックアップしていきます。
  • Matthew Barton 4.50倍 vs Radek Stepanek 1.16倍
画像の中で一番オッズ差がある試合です。テニスエクスプローラーでチェックします。
ブックメーカー
  • Matthew Barton 262位
  • Radek Stepanek 129位
世界ランクも100位差があります。このような試合にMatch Winnerで賭けてみると当たる確立が高いです。


オッズが同じ試合をピックアップします。
  • Ungru Adrian 1.83倍 vs Fucsovics Marton 1.83倍
テニスエクスプローラーでチェックします。

ブックメーカー
  • Ungru Adrian 204位
  • Fucsovics Marton 205位
世界ランクが1位だけしか変わりはありません。このような試合は混戦されると予想しOverオーバーに賭けます。

このように「データを集め、賭け方を考えるのがブックメーカーで賭けをする一連の流れ」になります。最初から勝ち続けるという事は難しいので、ゆっくり慣れる必要があります。慣れている人は1回の賭けで10万円を超える金額を賭ける人もいます。もちろんその分利益を大きくはね返ってきます。

「ブックメーカーをこれから始めたいという人はまず1万円から練習してみてください」。慣れるまでにそれほど時間はかかりませんし、感覚を掴む事を優先すると長期的にブックメーカーで利益を出す力がつきます。

これから全仏オープンという大きな大会があるので、試合に賭けれる状況はたくさんあります。是非この機会にブックメーカーへ登録してみてください。

>>ブックメーカーbet365公式サイトから登録してみる

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス

© 2020 心配性ブックメーカー投資