ブックメーカー初心者

ブックメーカー

ブックメーカー初心者がテニスで1日1000円を稼ぐ方法

ブックメーカーはまだまだ日本に浸透していない新しい投資、副業ツールだと感じていますが、ブックメーカーを始めるにもいきなり大金を手に入れる事は難しいというか「リスク」があります。

ブックメーカーを始める「お金を稼ぎたい」理由として、

  • 会社の給料が低いから良い副業探したい。
  • 日頃のお小遣いじゃ少な過ぎる!
  • 借金返さないと!
  • 楽して稼ぎたい!

等、色々な理由がありブックメーカーに登録する方がいますが、大切な事は持続させる事です。

持続する最適な方法として「段階を踏む」事が重要になります。

ちゃんと段階を踏めば、後に大きな利益をブックメーカーで稼げますので、その方法としてまずは「ブックメーカーのテニスで1日1000円を稼ぐ方法」から是非試してほしいと思います。

特にブックメーカー初心者の方はこの方法が効果的ですので、参考にしてください。

テニスにおすすめなブックメーカーはライブストリーミング映像が見える「bet365」!

登録がまだの方は下記よりどうぞ。

ライブストリーミング映像ありブックメーカー「bet365」

申し込みはこちら


テニスを選んでいる理由2つ

なぜスポーツの種類をテニスに絞ったかと言うと、単にテニス以外のスポーツをまだ完全に試していないという事もありますが、ちゃんとした理由があります。

  • 1日にある試合数が多い
  • 結果が早くに分かる

この2つが主な理由です。

「1日にある試合数」は凄く重要で、マイナーなスポーツだと試合数自体が少なく、限られた時間帯にしか遊ぶ事ができません。

しかも、海外で行われている試合であれば夜中や朝方に試合があるので、中々自分の生活スケジュールとマッチしない点があります。

サッカーもテニスと同様に人気のあるスポーツですが、予想結果が出るタイミングが遅いのが難点です。なので、試合に集中できる時間を確保できればサッカーにもチャレンジしてみると良いと思います。

「結果が早くに分かる」というのは、テニスの試合の場合、ゲーム毎、セット毎等の細かいオッズも用意されているので、早ければ3分で賭けた結果が出たりします

サラリーマンの方ですと、通勤時、昼休憩、帰宅時、就寝時等、仕事で疲れている中の限られた時間でブックメーカーを利用すると思われるので、最速で結果が分かるテニスが有効なのです。

1日1000円という設定について

1日1000円という小額設定にしたのは、まずはブックメーカー初心者の方はパソコン・スマホでの操作に慣れる期間が必要になります。

1ヶ月も続けてれば簡単に慣れるものですが、誤った操作で間違った賭け方をしてしまう事は十分にありえます。

あなたがもしブックメーカーに慣れてきた頃に10万円を間違った賭け方に使ってしまった!となっても返金等できません。

このような大きな失敗がないよう、最初の内は1日1000円勝てるくらいの余裕が持てる気持で挑んだ方がいいのです。

1日1000円でも月20日(平日)もあれば合計2万円は稼げる事になります。土日に時間が取れるならもっと利益を挙げる事ができますね。

ブックメーカーテニスで1日1000円を稼ぐ方法

具体的にどのような方法で1日1000円を稼ぐか説明していきます。

まずはテニスの試合に賭ける時の選手達のデータを拾い集めます。調べ方は下記ページで説明していますので、目を通してみてください。

ブックメーカーのテニス攻略
ブックメーカー初心者がテニスの試合で成果を出す為の鉄板攻略法5つ!

今回は、 「ブックメーカーテニスで稼ぐための攻略方法」 にフォーカスしていきます。 一般的にブックメーカーで人気なスポーツの一つである「テニス」ですが、初心者の方から上級者の方まで毎日楽しめるスポーツ ...

続きを見る


そして、選手のデータを調べ自分の賭けたい試合、選手が見つかったら実際に賭けていきます。

冒頭でも説明した通り、なるべく早く結果が分かる「Set Winner」や「Over/Under」が狙える試合を見つけます。STEP方式で例を一つ作ってみました。



  • step.1

    最初にスコアとオッズを見ます。スコアは第二セット3-3。Over9.5のオッズは1.28と高め。



  • step.2

    試合の流れを見るために、これまでのスコアをチェック。お互いHoldしあっているのでOver9.5の1.28倍が確立が高いと判断できる。この時点で1万円賭ければ2800円の利益が生まれます。



  • step.3

    Over9.5の予想通りの流れとなり、A選手が1ゲーム取ってくれれば的中です。ちなみにこの時点でのOver9.5オッズは1.22倍。今から賭けても的中すれば2200円の利益。



  • step.3

    A選手があと1ポイント取ればOver9.5が的中。ちなみにこの時点でOver9.5のオッズは1.03倍。1万円賭けて300円の利益。ほぼほぼOver9.5は確定の状態でも稼げます。



  • step.3

    第二セット3-3の時点で賭けていたOver9.5が的中で、目標の1日1000円を達成。2800円の利益が生ます。



  • step.3

    更にここから試合の流れが変わりました。今まで順調にHoldしていたB選手が、A選手に連打でポイントを取られ30-0とされます。

    この時点で「流れが変わった」と感じ、A選手は第二セットを取ると予想できます。Set2 winnerのオッズが1.33倍、保険でUnder12.5倍の1.25倍も気にします。どちらに1万円賭けても、一回で1000円を上回る利益が出ます。



  • step.3

    A選手が試合の流れを変えた予想は当たり、あとはA選手が1ゲームをHoldしてくれれば、Set 2 WinnerとUnder12.5は成立。因に、この時点からSet2winnerの1.14倍、Under12.5の1.16倍へ1万賭けても1100円程度の利益がでる嬉しさ。



  • step.3

    ここにきてA選手がBREAKを相手選手から取るというのは、完全に6-4で終わらせる事を狙ってると分かります。



  • step.3

    A選手が先制点をとります。オッズはSet2winnerとUnder12.5は1.083倍で1万賭けると830円の利益がでます。



  • step.3

    見事A選手が第二セットを勝ち取りました!

  • 注目点は試合の流れとオッズの変動具合です。1日1000円を稼ぐ目標であれば1.03倍に10000円を賭けて300円の利益を簡単に取ることもできます。細かな積み上げもできますし、1.28倍のような1回で2800円の利益をだすことも可能。要は「1日1000円は難しくない。」ということです。


まとめ

今回2つの賭け方を主に使いました。

  1. SET WINNER
  2. OVER/UNDER

最初は現状のスコアを見て、どのオッズが当たるかを探ります。今回は3-3のスコアからOver9.5のオッズを選びました。選んだ根拠として、これまでのスコアで両選手ともHOLDを取り合っていたから。

Over9.5と的中させた後、流れが変わる場面があり、SET WINNERとUNDER12.5を選びました。選んだ根拠はA選手がB選手よりランキングが上という情報を知っていたからです。

ランキング上の選手が格下相手に逆転する事はよくあります。このような情報をチェックしないでスコアだけで判断すると負ける原因となるので、最低限ランキングだけはチェックしましょう。

保険でUNDER12.5を選んだのは、もしA選手もゲームを取られ、流れがB選手に戻った場合の事を考えたからです。

UNDER12.5のメリットとしてタイブレークにならなければ、この賭け方が成立すると言う何とも嬉しいオッズなのです。

多くのブックメーカー利用者はこの賭け方を多く使っているのではないでしょうか。実はこのような理由があったからなのです。

今回の例のように、1回で1000円以上の利益が出る賭け方もありますし、もう少し試合の経過を見て300円〜800円前後を拾う賭け方もあります。

これらを組み合わせ1日1000円を目標にブックメーカーを利用していけば、次は1日10000円を目指そうと!と持続できるかと思います。

焦らず、ゆっくり稼ぐ事を身につけ、今後の大きな投資に臨んでみてはいかがでしょうか?

テニスにおすすめなブックメーカーはライブストリーミング映像が見える「bet365」!

登録がまだの方は下記よりどうぞ。

ライブストリーミング映像ありブックメーカー「bet365」

申し込みはこちら

カジノ総額10万ボーナス

10betjapanカジノに登録後、初回、2回目、3回目の入金の際に各ボーナスコードを入力すると入金額の100%(最大30000円〜40000円)のボーナスが貰えます!

カジノに興味のある方やスポーツベッティングとカジノの両方してみたい、スポーツベットがメインでプチカジノをしたい方はこの機会にどうぞ!

【各ボーナスコード】

1回目 「SHOKAI300」
2回目「NINDOME300」
3回目「SANDOME400」

詳しくはコチラ

プロモーション期間 : 2020年12月31日日本時間23:59まで

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-ブックメーカー
-

© 2020 心配性ブックメーカー投資