テニス

デビスカップ2016優勝国はアルゼンチン?クロアチア?チリッチとデルポトロの試合をどう攻めるか説明

デビスカップ,ブックメーカー

http://www.daviscup.com/

デビスカップ2016決勝、クロアチアとアルゼンチンが連日試合を行っていますが、面白い対戦カードあります。

「チリッチ 対 デルポトロ」

先日ご紹介したこちらの記事で「【11月25日ブックメーカーテニス】今日稼げる注目試合 チリッチとデルポトロが勝つ?」チリッチとデルポトロが勝つのではと予想しましたが、二人とも予想通り勝ちました。

やはり強いですねこの2人。

上位ランクプレーヤーと戦ってきただけに、自分で試合のペースを掴んでいるように感じました。

今度はこの二人が対戦します!

国を背負っての対戦となりますが、現在2-1でクロアチアがリード、アルゼンチンは過去に3度クロアチアを倒していますが、今回はどうなるのか?

要注目な一戦を予想していきましょう。


チリッチ、デルポトロの世界ランキング

ブックメーカー,テニス,世界ランキング

チリッチ 6位
デルポトロ 38位

世界ランクはチリッチが圧倒的に上で6位。今季自己ベストを記録しています。一方デルポトロは38位と中堅クラスですが、過去には4位になった事もある実力保持者。

その理由に今季では世界ランク1位のマレー、2位のジョコビッチにも勝利しており、金星キラーとして超要注意人物なのです。


おそらくデルポトロの試合でたくさんのブックメーカーユーザーが負けを見たのではないでしょうか。予想とは反対な結果を残すデルポトロ今回もやらかしそうですね。

過去の対戦成績を見れば分かります。

チリッチ、デルポトロの過去の対戦成績

デルポトロ,対戦成績

10戦中チリッチ2勝、デルポトロ8勝

直近の試合で2013年となり「3年前のデータだから当てにならない」と思われるかもしれませんが、デルポトロは左手首の怪我により手術を受け2014、2015年とほぼ試合に出ていません。

もし試合に出ていたらなら、2014年、2015年とチリッチと対戦していたでしょう。実はデルポトロは怪我をする前まで華々しい成績を残していました。

マレーやジョコビッチにも勝った事があると言いましたが、フェデラーやナダルにも勝っています。

本来上位に君臨しているはずの選手が怪我により世界ランキングを落とし2016年から再出発をしています。

今度のターゲットは「チリッチ」

今回の予想は世界ランキングより、過去の対戦成績から考えてみる方が現実的かもしれません。

気になるブックメーカーオッズを見ていきましょう。

チリッチ、デルポトロのブックメーカーオッズ

今回はデビスカップでライブストリーミング映像を配信している「bet365」のオッズを見ていきましょう。

ブックメーカー,bet365

チリッチ2.50倍
デルポトロ1.53倍

ブックメーカーbet365はデルポトロが勝つよ予想しています。

理由は説明した先程説明した通り、怪我前の彼本来の実力怪我後の2016年の試合内容の2つがポイントとなっています。

「デルポトロが勝ちそうだな〜」

となりたいところですが、チリッチも世界ランク6位の上位クラス選手です。錦織選手が世界ランク5位で今季デルポトロに勝っているので、チリッチも世界ランク1つしか変わらないのであれば勝てるのでは?

とも予想できますね。難しい展開になってきました(笑)

私なら事前でMATCH WINNERとしてデルポトロへ賭け、ライブ中継を見ながらOVER/UNDER、チリッチはビッグサーバーでもあるのでGAME WINNERも拾えそうなら拾います。

デルポトロへ事前に賭けているので、キャッシュアウトのタイミングも考えます。デルポトロが有利な状態になりキャッシュアウト額が賭け金より上回ったら、あまり無理したくないので利確(キャッシュアウト)しておきます。

逆にチリッチが最初から有利な状態になったとしても、試合がひっくり変わる可能性もあるので、キャッシュアウトはギリギリまで待つでしょう。そうなった場合は戻りのキャッシュアウト額は期待できませんが、その分他の賭けで稼いでおきます。

ブックメーカーでは1つの賭けだけにこだわってしまうと、試合が予想とは反対の流れになった時にキャッシュアウトしか損を軽減できる事ができません。

なので複数の賭け方を組み合わせ、試合がどちらの方向に転がっても勝てているという状況を作る事が大切です。

現在ブックメーカーで勝てていないという方は複数賭けを試してみてください。そして、これからブックメーカーに取り組みたい人も負けが続いてしまった時は「複数賭けで試合がどちらの方向に転がっても勝てているという状況を作る事」を思い出して頂ければと思います。


ブックメーカーを始めたい方はライブストリーミング映像がある試合が多い「bet365」がオススメです。


>>bet365公式サイトから登録する

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス

© 2020 心配性ブックメーカー投資