バスケットボール

ブックメーカーオッズで比較・予想!レバンガ連敗抜け出せるか!?それとも名古屋が連勝!?

ブックメーカー,バスケットボール

12月9日(金曜日)、北海きたえーるで東地区6位のレバンガ北海道と、西地区2位の名古屋ダイアモンドドルフィンズの試合が行われます。

現在5勝16敗と負け越しているレバンガ北海道は地元ホームで白星をとるか!?

名古屋ダイアモンドドルフィンズは先日の試合、対横浜ビー・コルセアーズ選で連勝!アウェイでも連勝を伸ばすか!?

海外ブックメーカーは名古屋ダイアモンドドルフィンズが勝つと予想しています。

実はブックメーカーでバスケットボールの試合をあまりチェックしていませんでしたが、データから見ると予想しやすい試合がたくさんありました。

今回紹介する試合は「予想しやすい試合」となっています。

是非ブックメーカーの収益が伸び悩んでいる方は参考にしてください。

それでは、順位、ホームアウェイでの戦績、ブックメーカーオッズを見て試合を予想していきましょう。


Bリーグ地区内順位

まずは各チームの順位・勝ち、負け、勝率、アウェイ、ホーム戦の成績を見ていきましょう。

レバンガ北海道

レバンガ北海道

順位チーム勝率
1 A東京163.842
2 栃木154.789
3 千葉147.667
4 秋田615.286
5 仙台615.286
6 北海道516.238
東地区ではアルビレックス東京、栃木、千葉が激しい首位の取り合いをしています。レバンガ北海道は東地区で現在6位と不調です。勝率も2割りで5勝16敗とここから巻き返しをはかりたいところ。

またホームでの試合10戦中3勝7敗と負け越しているところもポイントとなり、今回の試合はホームですがそれほど期待は出来ないとなります。

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

ブックメーカー,バスケットボール

順位チーム勝率
1 三河165.762
2 名古屋D129.571
3 大阪129.571
4 琉球1011.476
5 京都1011.476
6 滋賀516.238
西地区では三河が首位に独走しており、名古屋、大阪、琉球、京都が追いかける立場となっています。名古屋は12勝9杯で勝率.571。

アウェイ戦では3勝6敗となりますが、現在2連勝中の勢いに乗っているので、レバンガ北海道のアウェイ戦が今後の順位に大きく影響すると考えられます。

ブックメーカーオッズ比較【bet365・1XBET】

今回bet365と1XBETのオッズを比較していきます。ウィリアムヒルのオッズはbet365と同じでしたので割愛します。

bet365

レバンガ北海道 6.50倍
 名古屋ダイアモンドドルフィンズ1.10倍

1XBET

1xbet

>>1XBETから最新オッズを確かめる

 レバンガ北海道 6.3倍
 名古屋ダイアモンドドルフィンズ 1.17倍

2つのブックメーカーオッズを比較した結果

最高オッズブックメーカー
 レバンガ北海道 6.5倍 bet365
 名古屋ダイアモンドドルフィンズ 1.17倍 1XBET
2つのブックメーカーオッズを見てみると、どのブックメーカーも名古屋ダイアモンドドルフィンズが勝つと高確立で予想しています。

オッズが高かったのが「1XBET」の名古屋1.17倍、レバンガに関しては「bet365」の6.5倍となります。

データから見ると名古屋が勝つ可能性が高い事が分かりますが、レバンガはホームで試合が出来るということ。しかしホーム戦でも勝ち越していないところを見るとやはり「名古屋」でしょうか。

Bリーグが開幕し日本ではまだまだ認知度が低いのかテレビ放送されていないのが現実ですね。

サッカー、野球、相撲、フィギアスケートと主にテレビで放送されるスポーツの中に「バスケとボール」Bリーグが入ってくる事を願います。

サポーターを増やすならテレビ放送が一番かと思いますので、是非川淵チェアマン頑張ってください!

またブックメーカーでは各試合に対し、サッカーくじのような感覚でインターネットから勝敗予想できます。試合をチェックしながらブックメーカーに賭ける楽しみを是非味わってください。


■名古屋ダイアモンドドルフィンズに賭けるならコチラ
1XBET公式サイトから登録する

■レバンガ北海道に賭けるならコチラ
bet365公式サイトから登録する

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-バスケットボール

© 2020 心配性ブックメーカー投資