テニス

フェデラーごぼう抜き!全豪オープン優勝オッズで1番人気4倍!大金星デニス・イストミンとミーシャ・ズベレフって誰?

フェデラー,画像

全豪オープン2017本線が半分終了し、残すはあと1週間。29日の日曜日に男子テニスの優勝者が決定します。

だれもが、「またジョコビッチやマレーが優勝だろ?」と思っていた中・・・。

大波乱が起きているのをご存知ですか?

ジョコビッチは世界ランキング111位の「デニス・イストミン」に負け、マレーは世界ランキング50位の「ミーシャ・ズベレフ」に負けました。

ブックメーカーでこの2人のどちらかに賭けた方は残念ですが、まだ諦めないでください。

現在bet365ではロジャー・フェデラーに4倍のオッズを付けています。

1月22日(日曜日)錦織圭と4回戦で対戦したフェデラーが勝ち進み、現在大会でもっとも優勝に近い男と予想されています。

錦織と激闘の末フェデラーが勝ちましたが、ほとんどの人が「フェデラー強すぎる」、「ブランクを感じさせない」と思われたのではないでしょうか。

今回は、まだまだ狙える優勝オッズと、ジョコビッチやマレーに勝ったイストミン、ミーシャについて少し説明していきますので是非参考にしてください。


いったい誰が全豪オープン2017で優勝するの?

ジョコビッチやマレーが負けていつものグランドスラムではなくなってきた状況ですが、大会優勝者がいったい誰になるのか予想が難しくなってきました。

ブックメーカーbet365ではどのような優勝予想をしているかオッズから確認していきましょう。下記の画像は1月23日11:00時点のものなります。

現在、ゴフィンとドミニクが4回戦いを行なっており、どちらかの勝者が準々決勝に勝ち進む形となります。

bet365

フェデラー4倍
ワウリンカ4.5倍
ラオニッチ4.5倍
ナダル6倍
ディミトロフ9倍
ツォンガ19倍
モンフィス26倍
ドミニク29倍
ゴフィン41倍
ミーシャ41倍
ロベルト67倍
イストミン81倍

フェデラーは大会前との人気順を比べると、ナダル、ラオニッチ、ワウリンカをごぼうぬきし、1番人気となりました。

しかし、オッズは4倍と1番人気にしては高いところがポイントです。

フェデラー,錦織
フェデラーのオッズがいきなり上がったのは、やはり錦織戦で見せた試合内容からです。常に錦織に対し厳しいポイントへボールをうち、リターンする事が精一杯の状態だった錦織。

世界ランキング5位の錦織が手も足もでない状態だった事が印象的な試合でした。

フェデラーは2016年ほとんど試合に出場していませんでしたが、彼の最強の武器である片手バックハンドとサーブは健在。今残っている他の選手は太刀打ちできるのかなと思います。

ワウリンカ、ラオニッチ、ナダルも残ってはいますが、それほど爆発的な強さを感じるプレーはしていません。この中だとフェデラーが1番なのかなと思います。

しかし、その中で新しい面々が入ってきました。

ジョコビッチはなぜデニス・イストミンに負けた?

上記ツイートはデニス・イストミンがジョコビッチに勝った瞬間のツイートです。

「bet365のライブストリーミング」で映像を視聴していましたが、もの凄い雄叫びをしていました。

それもそのはずイストミンの世界ランキングは111位で誰もがジョコビッチが楽勝だと思った試合の中、勝ってしまったのですから。

彼からすれば「俺はジョコビッチに勝ったー!」と叫びたくなるのも当然です。疑問なのが、「なぜジョコビッチは負けたのか?」です。

世界ランキング2位の選手、しかもジョコビッチに限って世界ランキング111位の選手に負けることは考えられません。

映像を見ていて感じたのが、ジョコビッチは審判のジャッジに対し、よく首をかしげる仕草をしていました。そして「暑さ」、「会場のムード」に対してもイライラしてたように見えました。

早く自分のムードへ変えようとポイントを取った際には声を出したり、ガッツポーツを大きく見せたりとパフォーマンスしていましたが、イストミンがポイントを取った瞬間の方が歓声が大きかったのは事実です。

  1. 審判のジャッジ
  2. 暑さ
  3. 会場のムード
この3点がジョコビッチ本来の実力を出す邪魔をした要因と考えられます。

マレーに勝ったミーシャ・ズベレフ

上記はズベレフがマレーに勝つかも!という雰囲気になっている時のツイートです。

第1セットを取られた事が大きな原因と考えます。スコアは5-7とマレーもセットを取りにいった事は間違いありません。

試合を見ているとマレーは自分のリズムを全く掴めていなかったのですが、ミーシャはよく1stサーブを打った後、ネット前まで走り、マレーからのコースを塞いだあとにドロップショットをネット前に打っていました。

ミーシャのサーブの力強さがあってこそ、できる流れなのですが、案外マレーはこの作戦にどハマりしてました。

ミーシャにコントロールされている状態です。会場も世界ランク1位のマレーに勝つ選手を応援したくなります。

会場のモニター映像には弟のアレクサンダー・ズベレフの顔がよく映し出されており、兄弟でマレーに試合を挑んでいるような演出がされ、会場も兄弟愛ムードに参戦。ちょっとマレーに対しフェアじゃない会場ムードだとは感じていましたね。

弟のアレクサンダー・ズベレフは兄の試合の前日にナダルにフルセットの末負けていますので、兄が弟の仇をうつなんて事があれば最高に盛り上がると全豪オープン側は考えているはず。

まとめ

今年の全豪オープンは一味も二味も違った視点で楽しめます。

ブックメーカーで利益の獲得する事を考えると、ロジャー・フェデラー4倍はオススメです。そして、これから行われる準々決勝、準決勝、決勝の試合毎のオッズも是非チェックしていきましょう。

ミーシャやイストミンのような選手が意外な展開を見せ、オッズが跳ね上がっている時がくるかもしれません。

新しい選手が上位選手に勝ち、波乱続きの全豪オープンは残す所あと1週間。

気合い入れてブックメーカーで勝利を勝ちとりましょう。

■ 全豪オープン全ての試合の映像を放送しているのはbet365のみ!

>>bet365公式サイトから登録する

カジノ総額10万ボーナス

10betjapanカジノに登録後、初回、2回目、3回目の入金の際に各ボーナスコードを入力すると入金額の100%(最大30000円〜40000円)のボーナスが貰えます!

カジノに興味のある方やスポーツベッティングとカジノの両方してみたい、スポーツベットがメインでプチカジノをしたい方はこの機会にどうぞ!

【各ボーナスコード】

1回目 「SHOKAI300」
2回目「NINDOME300」
3回目「SANDOME400」

詳しくはコチラ

プロモーション期間 : 2020年12月31日日本時間23:59まで

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス
-

© 2020 心配性ブックメーカー投資