bet365,キャッシュアウト

bet365 ベットサンロクゴ

bet365のキャッシュアウト方法|Auto cash outのメリット・デメリット・使い方

キャッシュアウト(Cash out)とは、賭けの途中でキャンセル、または利益・損益確定をする事です。


キャッシュアウトを極めれば早めのリスク回避が可能になります。

操作方法も簡単でブックメーカー初心者の方でもできますので早めに覚えておくことをおすすめします。

bet365では他のブックメーカーと違いオートキャッシュアウト機能もあるので素晴らしいです。

それでは早速bet365のキャッシュアウト方法を説明していきます。

bet365の基本的なキャッシュアウト3つ

bet365のキャッシュアウトでは主に下記3つを抑えておきましょう。

bet365のキャッシュアウト

  1. 通常のキャッシュアウト
  2. オートキャッシュアウト
  3. キャッシュアウトスライダー

この3つを使いキャッシュアウトを行います。各キャッシュアウトの説明をしていきます。

通常のキャッシュアウト

キャッシュアウトボタンに表示された金額をキャッシュアウトします。

bet365のキャッシュアウト

上記の画像の場合、500円賭けいて、392.86円がキャッシュアウトされます。ボタンを押すとすぐにキャッシュアウトされます。

オートキャッシュアウト (Auto cash out)

あなた自身のキャッシュアウトルールを作成します。

bet365のオートキャッシュアウト

「Auto Cash Out」を選び、「If the value reached ¥○○ / もし¥○○になったら」という箇所にキャッシュアウト金額を入力します。しかし「The minimum value is / 最低金額は¥○○」と出た場合は、その数字より高くに設定する必要があります。

bet365のオートキャッシュアウト

493円と先ほど指定された金額より高く設定すれば「Create Rule」 と表示されるのでこちらをタップすればオートキャッシュアウトの設定が完了。もし金額が493円になれば自動的にキャッシュアウトされます。

Auto cash outが表示されない場合もあります。


キャッシュアウトスライダー

キャッシュアウトしたい金額をスライダーを使い調整します。

bet365のキャッシュアウトスライダー

あなた自身でキャッシュアウトしたい金額を決めることができるのが特徴です。「Choose how much to cash out / キャッシュアウトしたい金額を選んでね」、上記画像の場合、最小額じゃ200.01円から最高額で427.78円の間でキャッシュアウトしたい金額を選べます。ライブベットの場合だと、最小額、最高額は常に変動するので早めの決断が必要です。

オートキャッシュアウトは便利

自分で設定した数値にきた瞬間、自動的にキャッシュアウトしてくれる機能ですが、この機能はあなたがbet365にログインしていない状態でも働いてくれるので大変便利です。

一番のポイントとなるのが、「ログインしなくても機能が働く」という事ではないでしょうか。

この事により更に賭けの幅が広がると思いますが、私なりに考えたメリットやデメリットもありますので説明していきます。

メリット

  • 深夜に起きてなくていい
  • 自己制御できる

深夜に起きていなくていい

ログインしていなくてもオートキャッシュアウトが行われれるので、例えば深夜にあるスポーツ等に賭けた場合、オートキャッシュアウトを設定していれば、夜中起きていなくても勝手に設定した数値までくればキャッシュアウトしてくれます。

ブックメーカーは全世界のスポーツを対象としているので、アジア圏のスポーツの大会以外は夜中や早朝に行われる事が多いです。

その時間に起きていられればいいのですが、仕事をしている方は夜中に起きている事は難しいですよね。そんな方には大変便利な機能となります。

自己制御できる

キャッシュアウトを行う瞬間とは、だいたいあなたの賭けが予想とは反対に動いている時ですよね?

「このまま予想が外れるか・・・」

「それとも巻き返して自分の予想通りになるか・・・」

このような状況になった事はブックメーカーをしていれば誰しもあるはずです。

このような場合、自分でルールを決めてブックメーカーを利用していれば、キャッシュアウトを行う行為も早くに決断できます。しかし自分なりのルールを決めていないと迷いに迷って賭け金をを無くす事もあります。

負けた賭け金を取り戻そうとさらにお金を突っ込み、全財産を無くす事も最悪あります。怖いですよね…。

そうならないためにもオートキャッシュアウト機能を使えば、自分独自の設定が出来き、ちゃんと制御できると言うわけです。

デメリット

勝負ができない


ブックメーカーをどう捉えるかは人それぞれですが、中には賭けに対し強気に攻めたい人もいます。

そんな方はオートキャッシュアウトは必要ないかと思います。

スポーツの試合を予想をするので、結果はどうなるか誰も分かりません。

オートキャッシュアウト機能を使うと、予想とは反対の方向にいった場合、早めに賭け金の何%を回収できるメリットがありますが、最終的な結果を待つ事ができません。

もし、最終的にはあなたの予想通りな結果になったけど、途中でオートキャッシュアウトをしてしまい賭け金の数%を損するという事もありえるのです。

オートキャッシュアウトの上手い使い方

オートキャッシュアウトにはメリットもデメリットもありますが、ブックメーカーを利用する中で上手く使っていけばあなたの利益に繋がるかもしれません。

例えばある試合に賭け、あなたの予想通りの試合状況な場合、賭け金よりキャッシュアウト金額が上回ってきます。まだ結果は出ていないけれど、その利益を確定する事ができます。

今回紹介しているオートキャッシュアウトは、ログインしていない状態でも機能が働く事がポイントです。前に紹介した深夜や早朝の時間帯にこのような試合があった場合、オートキャッシュアウトの金額を設定する事で確かな利益を寝てても獲得する事ができます。

寝てても=ログインしていなくても

ライブベット(試合をリアルタイムでチェックし賭けること)を専門に行い、試合前の事前ベットを行なっていない人でも、「この試合オイシイなぁ。しかし深夜帯の試合かぁ・・」と思う事があると思います。

そんな方でもオートキャッシュアウトを使えば、ある程度のリスクを自分で設定して賭ける事ができます。

まとめ

いかがでしょうか?

実際にオートキャッシュアウト機能を触ってみましたが、慣れていないのでライブベットではかなり焦って金額を設定しないといけません。

慣れてくるとそうでもなかもしれませんが、いまのところ事前ベット向けかなと思います。

あともう一つ最後に感じたのは、1日にどれくらいのお金を使い、どの程度勝てば、もしくは負ければ今日はお終いといるルールを作っている方には大変便利な機能だなと思います。

この機能がある事で無理のない賭けが出来き、深夜や早朝といったスポーツにも積極的に賭けようと思うようになれます。是非あなたなりのキャッシュアウトルールを作ってみてください。

ブックメーカー人気 No.1 「bet365

おすすめポイント!

ライブストリーミング映像が見れる

ブラウザの起動が早くストレスフリー

画面の見やすさ業界No.1

スポーツ種目多数

カジノ、ゲームの種類も多い

入金・出金にエコペイズが使える

詳しくはコチラ

bet365のアカウント登録は18歳以上から

-bet365 ベットサンロクゴ
-

© 2020 心配性ブックメーカー投資