テニス

全仏オープン2017錦織・マレー・ジョコビッチにブックメーカーから賭ける方法

全仏オープン,2017

テニスの4大大会の一つ全仏オープン2017がいよいよ来週5月22日から始まります。世界のトッププレーヤーが参加するテニスの祭典でブックメーカー界隈でも利用者が急増する瞬間です。

既にブックメーカーを利用しているかたはグランドスラムでの試合数が多いことをご存知かもしれませんが、これからブックメーカーを始めたいという方は「試合数が多く、予想しやすい状況」もでてくるので始めるにあたって良い機会でしょう。

ここではどのようにしてブックメーカーを始め、全仏オープン2017の試合に賭けるのかを解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

また、どの選手が優勝に近いかを当サイトでも予想していきます。


ブックメーカーを利用する手順

決済サービスへの登録

まずはブックメーカー利用に必要な決済サービス口座を開設します。
数多くのブックメーカーが世界には存在しますが、当サイト管理人が利用している「bet365」、「ウィリアムヒル」、「1XBET」では下記2つの決済サービスが利用できます。

■ bet365をメインで利用するなら、エントロペイ
>>エントロペイ口座を開設する

■ ウィリアムヒル、1XBETをメインで利用するなら、エコペイズ
>>エコペイズ口座を開設する

管理人はセキュリティや分散投資のこと考え、全てのサービスを利用しています。口座開設費用は無料、年会費などもないので作っておいてもいいかと思います。

決済サービスの登録が終われば、次にブックメーカーへ登録していきましょう。

ブックメーカーに登録・入金

先ほども紹介した「bet365」、「ウィリアムヒル」、「1XBET」に登録していきましょう。とりあえず1つだけに登録して、慣れてきてから2つ、3つと登録しても構いません。

複数登録するメリットはブックメーカー毎にオッズ(倍率)が異なってきますので、より高いオッズを狙う場合、複数登録しておいた方が有利です。

どのブックメーカーに登録しようか迷うかもしれませんが、ブックメーカーによって特性がありますが、基本的な部分にん変わりはありません。慣れてくる頃には複数のブックメーカーにん登録してると思いますよ。

ここでは簡単な特性を書いておきます。

bet365

bet365は英語表示のサイトにも関わらず、多くの日本人の方が利用しています。ブックメーカーブログなどでもbet365の写真を載せている事が多いですね。魅力はライブストリーミング映像の多さとシステムの早さ。管理人もメインで利用しています。

>>bet365の登録方法
>>bet365の入金方法

ウィリアムヒル

ウィリアムヒルはとにかく日本語表示なので、分かりやすいです。サポートへの日本語で対応してくれますので安心感のあるブックメーカーです。

>>ウィリアムヒルの登録方法
>>ウィリアムヒルの入金方法

1XBET

1XBETの特徴は「オッズが高い」ことです。bet365やウィリアムヒルより基本的にオッズが高く設定されている事が多いので、利益を多く狙いたい場合は1XBETを利用すると良いでしょう。

>>1XBETの登録・入金方法

それぞれ特徴のあるブックメーカーに登録作業後、ブックメーカーへお金を入金する手順がありますので併せて入金を行いましょう。

ブックメーカーでテニスの試合に賭ける

いよいよ試合に賭ける時がきましたが、テニスの試合に賭ける前に試合の情報をゲットしましょう。

何も情報がないまま賭けるより、ある程度の根拠を固めた方が勝つ確率は上がります。

テニスの試合情報は「テニスエクスプローラー」が最適です。
  • 選手のランキング
  • 過去の試合結果
  • ブックメーカーオッズの平均
など、様々な情報が得れます。

全仏オープン2017の優勝オッズ

ここでは最もシンプルな予想オッズである「どの選手が全仏オープン2017で優勝するか?」についてのオッズを紹介していきます。

ブックメーカーでは優勝を予想するほかに、1試合毎にも色んなオッズが用意されていますので、操作に慣れてくれば是非挑戦してください。

ここでは、例でbet365の優勝オッズを説明していきます。

1、bet365トップページへ行き、ログインします。

bet365
2、画面左側のスポーツカテゴリーより「Tennis」をクリック。

bet365
3、大会一覧が表示されるので、「French Open 2017」をクリック。女子は「French Open 2017 Woman」。

bet365
4、「To WIn Outright」をクリックすると選手一覧が出ます。錦織選手の名前を表示されてますね。

bet365
5、賭けたい選手を選択、賭け金を入力、Place Betを押すと確定します。

bet365
あとは、結果を待つだけですが、優勝オッズにん賭けた場合、大会が終わるまで結果を待たなければいけません。全仏オープンは予選を含めれば3週間に渡り行われますので、短期で勝負したい!という方は、1回戦、2回戦、3回戦と賭けることもできます。

当サイトの注目選手はこちら

  1. ナダル
  2. ジョコビッチ
  3. マレー
  4. アレクサンダー・ズベレフ

クレーの王者ナダルは直近の大会で優勝連発。2007年から2015年の間で2009年を除いて連続優勝。2015年はワウリンカ、2016年はジョコビッチが優勝しましたが、完全にクレーを制しています。今年はクレーシーズンに入りタイトルを総なめしているので全仏オープン2017で最も優勝に近い選手です。

ジョコビッチは今季実力の全てを出し切っていない様子。チーム編成を行いうまく噛み合っていない事が原因でしょう。しかし昨年の優勝者でありますし、テニスの絶対王者が全仏オープンで返り咲く可能性もあるので注目です。

現在、最弱なナンバーワンテニスプレーヤーと言われているアンディー・マレー。酷い言われようですが、確かに今季の成績は芳しくありません。ジョコビッチのような絶対王者感がないマレーですが、試合中の闘志は世界一。いつも何かを呟いています。

ズベレフ兄弟の弟、ナダル、ジョコビッチ、マレーと比べれば1つ2つほど若い世代になります。今シーズン最も有力な新人と言われ、大会でも常にベスト8に入っています。フィジカル面も強く若さ溢れるプレーが観客を味方につけ大穴が入る可能性もあります。

錦織選手はどうか?

右手首の不安がある錦織選手は、前戦のローマ国際2017の準々決勝でデルポトロに7-6、6-3で破れ、全仏オープンの準備に入りました。

しかし、試合後のコメントでは「試合数が足りない」と右手首を気にするどころか、全仏オープン前にもっと試合をしたいとなっています。

これをどうとるかはそれぞれですが、既に右手首の痛みは無いとも取れますので、全仏オープン本戦までに完璧な調整ができていれば優勝も狙えるのではないでしょうか。

まとめ

全仏オープン2017、5月22日から予選開始、6月11日まで行われますので、3週間はテニス一色な毎日となりそうです。

グランドスラム大会ですので世界の注目度も大きくブックメーカーが盛り上がります!

テニスの大会は全仏オープン以外にも毎日のように行われているので、全仏オープンが終わってからも色んな大会に賭ける事ができますよ。

是非、あなたもブックメーカー投資に挑戦してみてください。

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス
-

© 2020 心配性ブックメーカー投資