テニス

ブックメーカーテニスで利益が出しやすいビッグサーバーの試合と攻略方法

ブックメーカー,テニス

ウィンブルドン2017が終わり次のグランドスラム全米オープンまで少し間が空きますが、テニスの大会は常に行われています。

先週はニューポート2017が行われ見事ジョン・イズナーが優勝。

そこで今回は、ブックメーカー利用者目線でビッグサーバーこと「ジョン・イズナーの試合をどう攻略するか」を説明していきます。

ビッグサーバーには大きな特徴があり、そこをおさえる事でブックメーカーで利益をあげるチャンスと化します。

オッズの変化による手法もそうですが、選手のプレースタイルによる手法もありますので、そのいくつかを紹介していきます。


ビッグサーバーの試合をチェック

まずはビッグサーバー「ジョン・イズナー」の試合をチェックしていきましょう。ここでどのような特徴があるかがわかります。


対戦相手は同じくビッグサーバーのニック・キリオス

先に試合内容で見ているポイントについて書きます。
  1. とにかくサーブが入る入る
  2. ビッグサーバー同士なので、ポイントをサーブで取りたがる
  3. 少し走れば返せるボールを追わない
  4. 左右の動きが苦手なら上下も苦手でネット前にあまりこない
このあたりを見ていますが、やはりサーブに対してのプライドが強すぎる傾向にあります。同じビッグサーバーのミロシュ・ラオニッチは上記のビッグサーバーの弱点箇所を改善し上位ランクにいますが、ジョン・イズナーは最近下降気味。

2017年7月24日現在 世界ランキング21位

ジョン・イズナーの試合で攻めるべきオッズ

上で説明したジョン・イズナーの良い箇所、悪い箇所をオッズにはめ込んでいきます。※対戦相手のレベルにもよります。

良い箇所と適正オッズ

まずはジョン・イズナーの良い箇所として「強いサーブ」。ここは外せません。特に試合序盤はサービスエースをガンガン取ってきます。

これに伴い狙えるオッズは下記になります。
  • Game Winner(ゲーム・ウィナー)
  • Point Winner(ポイント・ウィナー)
とにかくサーブでポイントが取れる確率が大変高いです。世界ランクングが離れている場合、ビッグサーバー同士の場合、試合序盤、この状況の時は取れる可能性がさらに高くなります。

悪い箇所と適正オッズ

ジョン・イズナーの悪い箇所は「走らない」、背が大きいので動きが遅いことが弱点です。左右に揺さぶられるとすぐに諦めてしまいます。

そして相手がジョン・イズナーのサーブに慣れ始めリターンも返ってくるようになると下記オッズが狙えてきます。
  • Over(オーバー)
  • Tie Break(タイブレーク)
試合中盤からよくある光景が、ジョン・イズナーのサーブを相手が慣れ始めてくることです。ジョン・イズナー自身の体力にも関係がありますが、相手が拾い始めてくるとジョン・イズナー調子が狂ってきます。

しかし元々のサービスエースが強力かつコート際を狙ってくるので相手から返ってくるリターンの場所がある程度限られ、ジョン・イズナーはポイントが繋げやすいです。

ここであげている二つのオッズに関しては、相手選手がジョン・イズナーのサーブを返し始め調子を上げてくることに関係します。

「どうやってこのサーブ返すの!?」な序盤の状態から、やっとサーブを返し始め自分のテニスができホールドし始めてきます。試合中、このような状況を掴むことができればオーバーやタイブレークを視野に入れます。

ジョン・イズナーの試合に賭けよう

色々とビッグサーバー「ジョン・イズナー」の特性を書いてきましたが、今週はアトランタで試合をします。ブックメーカーオッズでも一番人気なので是非狙ってみてはいかがでしょうか?

bet365


今大会、ジョン・イズナーは2014年、2015年に優勝しており、昨年2016年はニックキリオスに決勝で敗れました。ニック・キリオスは今回出場しないのでイズナー優勝の可能性は高い!

是非、ジョン・イズナーの試合でブックメーカーの利益を獲得してみてください。


じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス

© 2020 心配性ブックメーカー投資