テニス

アレクサンダー・ズベレフShenzhen2017の初戦を予想。混戦試合で使えるオッズとは?

選手は女子テニスで消耗しましたので、今週は気を取り直して男子テニスで攻めたいと思います。

注目というか気になる試合は、

「アレクサンダー・ズベレフ対スティーブ・ダルシス」


この試合、世界ランクはアレクサンダーが4位、ダルシスが76位とラッキーモードなのですが、2017年のデビスカップではダルシスがアレクサンダーに勝っています。

しかも、結構やりあったスコアでの勝利なので、もしかしたらアレクサンダーはダルシスとの相性が悪い?と考えたり。

この試合で比較的大きいオッズが取れるかどうかの予想をしていきたいと思いますので、是非参考にしてください。


アレクサンダー・ダルシスの世界ランキング

アレクサンダー,ズベレフ

アレクサンダー 4位
ダルシス 76位

まずは世界ランク、アレクサンダーはいつのまにか4位と錦織選手の自己ベストランクにまで成長。ちなみに現在、錦織選手は14位。

対するダルシスは76位と中堅クラスでも後ろの方。自己ベストは38位とまずまず。

この世界ランクを見る限り、アレクサンダーにMatch Winnerが当然の攻め方だと思いますが、次に気になるデータを説明していきます。

アレクサンダー・ダルシスの過去の対戦結果

アレクサンダー, ズベレフ,過去の成績

1戦中アレクサンダー0勝、ダルシス1勝

過去の対戦回数は1回ですが、2017のデビスカップではダルシスがアレクサンダーに勝っています。

スコアを見ると、第一セットはアレクサンダーがきっちり取っていますが、第二セットから崩れ始め、第3セットもダルシスが取ります。

スコアは6-4なので、両選手ホールドした中でダルシスが1つブレークを取りそのままセットを奪うといった流れ、アレクサンダーは別に国別対抗のデビスカップで力は抜いていないのが分かります。

さらには、「このままではヤバい」と感じたアレクサンダーは第四セットを必ず取らないといけないため追い込もうとしますが、タイブレークの末負けます。

世界ランク4位の選手であれば、76位の選手に後からでも逆転で勝てるのが普通ですが、アレクサンダーはそれができませんでした。

これはダルシスとの相性が悪いのかなと感じ取れます。

今大会でも、このような流れになる可能性が十分にあるため、ブックメーカーではどのようなオッズを狙っていくべきか考えたいと思います。

アレクサンダー、ダルシスのブックメーカーオッズ比較

3つのブックメーカーオッズを比較していきましょう。同じ結果でもオッズが違ってきますので、できる限り高いオッズがから賭けた方がお得です。

bet365

bet365

  • アレクサンダー 1.14倍
  • ダルシス 5.50倍

ウィリアムヒル

ウィリアムヒル

>>ウィリアムヒルでオッズを見る
  • アレクサンダー 1.17倍
  • ダルシス 5.00倍

1XBET

1xbet

>>1XBETでオッズを見る
  • アレクサンダー 1.2倍
  • ダルシス 5.45倍

3つのブックメーカーを比較した結果

最も高いオッズブックメーカー
アレクサンダー1.2倍1xbet
ダルシス5.50倍bet365
アレクサンダーに最も高いオッズをつけているのは「1xbet」1.2倍

ダルシスに最も高いオッズをつけているのは「bet365」5.5倍

Match Winnerオッズではもちろんアレクサンダー勝利の予想オッズを立てているブックメーカーですが、私ならこのオッズは狙いません。

ダルシスの5.5倍、そして、オーバー、タイブレークなどを狙うと思います。一発逆転のような金額は賭けませんがバランスよく色んなオッズに散りばめて合計で利益を出しているようにします。

いくつかのオッズに賭けるのはリスクを分散するためでもあります。月の最後には利益を出している状況を作るのが私なりのスタイルですので、少額でも勝っていればOKです。

まとめ

今大会では、アレクサンダーとミーシャの兄弟対決を見たいと思っているので、アレクサンダー是非勝ち上がってきてほしいですね。

ダルシスにも勝てる見込みがある試合だと思いますが、果たして結果はどうなるか?楽しみです。

ブックメーカーで「どちらの選手が勝つか?」を予想するのに慣れてきたら、是非他のオッズにも挑戦してほしいですね。

細かく狙える他、良いオッズ数値も揃っているのでオススメです。

ブックメーカーでドンドン利益を出していきましょう。

ブックメーカーのオススメは下記3つ。オッズを見比べたり、生中継の映像が観れます。

>>bet365公式サイトから登録する

>>ウィリアムヒル公式サイトから登録する

>>1XBET公式サイトから登録する

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス

© 2020 心配性ブックメーカー投資