エコペイズ

エコカードは8月6日で利用停止になるので入出金の見直しをしておこう!

2018年6月5日にエコペイズよりメールが届きました。

ecoCardおよびecoVirtualcardsのご利用条件に変更がございますので、本メールにて内容をお知らせいたします。

Mastercardからの指示により、欧州経済領域(EEA)外へのカード発行が取りやめられることになりました。誠に申し訳ございませんが、この指示が理由で、2018年8月6日から現在ご利用になられているecoCard/ecoVirtualcardは永続的にキャンセルされます。

キャンセルによる影響は?

現時点では、カードは今まで通りご利用いただけます。2018年8月6日にカードが使えなくなりますが、ecoAccountアカウント自体の変更は一切なく、残高にも影響はございません。ecoAccountアカウントからご利用の銀行口座への送金や、その他のecoAccountアカウントへの送金、また、ecoPayzが利用可能なオンラインビジネスへの送金にも影響はございません。

平素より弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。今回皆様にご不便をおかけすることについて、心からお詫びを申し上げます。

現在、皆様のためにecoAccountの改善や新サービスの追加に向けた取り組みを行っております。ぜひご期待ください。

ご質問や詳細情報に関しましては、毎日24時間受付のカスタマーサポートチームにお問い合わせください。

ecoPayz 一同


重要なポイントをかいつまんでみると、

  • 現在持っているエコカードは2018年8月6日から利用できなくなる。それ以前は利用できる。
  • 持っているエコカードだけが利用できなくなるだけでエコペイズアカウントは残るし、銀行送金などはできる。
  • 現在、新サービスの追加に向けた取り組みを行っている。

エコカードが8月6日から使えなくなると、どうやってエコペイズ内にあるお金を出金するのか?

銀行出金を利用すればお金を引き出せます。ただし、エコペイズからの出金を拒否している銀行もあるので注意してください。UFJ銀行やSMBC信託銀行はいまのところ出金できています。どちらの銀行もマイナンバー提示が必要です。

>>エコペイズ EcoPayz 銀行送金による出金方法 エントロペイより安い!

エコペイズを使ってブックメーカーを遊ぶための入出金を見直す

ブックメーカーを利用している方はエコペイズやエントロペイのアカウントを持っている方がほとんどかと思います。

しかし、最近エコペイズへのカード入金が禁止されたりエコカードの新規発行ができなかったりと不安が多くなってきました。

こういう時は自分の資産を守るためにも一度入出金のルートを見直しておくべきだと思います。

エコペイズへお金を入金する場合

カード入金ができなくなっている今、仮想通貨入金がおすすめの入金方法となります。

仮想通貨とはビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなどのことを指します。これら仮想通貨でエコペイズへ入金することができます。

入金方法は当方でも試しているので下記ページを参考にしてください。

>>【最新版】エコペイズecoPayzへビットコインで入金する方法

こちらの方法でエコペイズへ入金することができます。入金時はエコペイズで作成している通貨(JPYやEUR)に換算されますので、仮想通貨に対応していないブックメーカーへもお金を送金することができます。

エコペイズからお金を出金する場合

エコペイズは現在仮想通貨に換算しての出金ができないので、銀行送金を利用するしかありません。

当サイトでも、エコペイズから銀行出金を試しておりますので、下記ページを参考にしてください。

>>エコペイズ EcoPayz 銀行送金による出金方法 エントロペイより安い!

今後のエコペイズの動きや各ブックメーカーの決算システムの変更について

エコカードが利用できなくなる旨を2ヶ月前と早い段階からお知らせをしてくれたエコペイズ。

「エコカード出金ができなくなると不便になる」という印象をカバーする他のサービスを展開してくれると予想します。

例えば、仮想通貨出金でしょうか。

仮想通貨出金が実現すれば、出金に日本の銀行、ATMを介さずお金を出金する事ができます。

しかし、ブックメーカー単体で仮想通貨の入出金に対応すれば、エコペイズやエントロペイが必要なくなります。

ブックメーカーへ直接仮想通貨を入金し、ブックメーカーからも直接仮想通貨で出金する。この流れができます。

今後はブックメーカーも仮想通貨に対応せざるを得ない状況となると思います。

ブックメーカー利用者にとっては、そちらの方が何かと都合が良いのでは?

以上となりますが、仮想通貨の参入はいまからでも全然遅くはないですよ。

日本のメガバンクUFJ銀行も独自のコイン「MUFGコイン」を作っているのですから銀行が仮想通貨に目をつけているのも分かります。

世間にまだ広まっていないものを早くキャッチしておく「先行者優位」の状態を作っておきましょう。

まずはセキュリティ面が高い日本の王手仮想通貨取引所の「ビットフライヤー」へ登録しておきましょう。

>>ビットフライヤーに登録する

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で



カジノ総額10万ボーナス

10betjapanカジノに登録後、初回、2回目、3回目の入金の際に各ボーナスコードを入力すると入金額の100%(最大30000円〜40000円)のボーナスが貰えます!

カジノに興味のある方やスポーツベッティングとカジノの両方してみたい、スポーツベットがメインでプチカジノをしたい方はこの機会にどうぞ!

【各ボーナスコード】

1回目 「SHOKAI300」
2回目「NINDOME300」
3回目「SANDOME400」

詳しくはコチラ

プロモーション期間 : 2020年12月31日日本時間23:59まで

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-エコペイズ

© 2020 心配性ブックメーカー投資