テニス

大坂なおみ余裕あり過ぎ!?パンパシフィックOP2018でも優勝か?

大坂なおみ選手がパンパシフィックOP2018の初戦を見事突破!

会場も「なおみちゃん」フィーバーで大盛り上がり。

みなさんは試合後のインタビューを期待しているのでは!?

さて次戦はどのような結果となるのだろうか。

初戦を見る限り、まだまだ元気いっぱいのようですが、今大会でも優勝となるのかもしれないですね!

早速、次の試合の予想をブックメーカーオッズと併せて見ていきましょう。


大坂なおみ、バルボラ・ストリコバの世界ランキング

大坂なおみとバルボラ・ストリコバの世界ランキングをチェックしましょう。

大坂なおみ,試合   

現在ランク自己ベストランク
大坂なおみ7位7位
バルボラ・ストリコバ25位16位
世界ランクは世界7位と25位の試合です。

ランクにも差がありますが、年齢もチェックしておきましょう。

20歳と33歳の試合です。

あなたの20代と30代の時の体力を考えてみれば分かりますね。

大坂なおみ、バルボラ・ストリコバ過去の対戦結果

大坂なおみ,試合成績  
 
1試合中バルボラ1勝、大坂なおみ1勝

2015年と2017年に試合データがあります。

2015年の東京では負けていますが、今大会ではどうか?

2017年はウィンブルドンで勝っています。大坂選手、大きな大会で本当に強いですね。

気になるブックメーカーオッズも見ていきましょうか。

ブックメーカーオッズ比較

まずは、大坂なおみとバルボラ・ストリコバのオッズを各ブックメーカーから確認していきましょう。

大坂なおみバルボラ・ストリコバ
10betjapan1.25倍3.90倍
1xbet1.31倍4.00倍
ウィリアムヒル1.25倍4.00倍
bet3651.25倍4.00倍

ここで最も高いオッズを付けているブックメーカーは?

大坂なおみは1.31倍1XBETが高いオッズを付けています。
バルボラは4.00倍で「ウィリアムヒル」
1XBET・「bet365」高いオッズを付けています。

1xbetでは、新しくブックメーカーの決済サービスと参入した「STICKPAY」というサービスも対応。コンビニATMでお金がお引き出しができる「STICKPAYカード」というサービスがあります。ウィリアムヒルでも入金で使えるので、今後は主流となる予感。口座解説・カード発行には少し時間を要するのでまだの方はお早めに。

>>【新決済】STICKPAYへ登録・入金・出金・カード発行方法

各ブックメーカーは大坂なおみ勝利予想。

このまま優勝を狙えそうな勢いとうか余裕。

しかも二十歳という若さなので、まだまだ私たちの想像を超えることをしそうですね。

まとめ

東京での大会なので、たくさんのファンが大坂なおみ選手を応援しています。

大坂選手はどこか海外での試合より居心地が良いような伸び伸びしたプレーをしていますね。

全米オープン優勝、セリーナに勝ったという凄い経験が大坂選手をさらに飛躍させていることが伝わります。

2回戦も難なく勝ち上がるように応援しています。

今回オッズを高く設定したブックメーカーは下記になります。

>>1xbet公式サイトで登録する

>>ウィリアムヒル公式サイトで登録する

>>bet365公式サイトで登録する


【注目】10betjapanでは今大会パンパシフィックオープン2018を対象に20ドルフリーベット補償付きキャンペーンを行なっています。
  1. 10Bet Japanのアカウントを作成、またはログインする。
  2. パンパシフィックオープンのいずれかの試合で「勝者」(最低1.60オッズ以上)に$5以上ベットする。
  3. お客様のベットした選手が敗北した場合、お客様のベットを最大$20までフリーベットでお返しします。
こちらの条件を満たせば良いだけ。

この機会に10betjapanでブックメーカーテニスをやってみてはいかがでしょうか!

>>10betjaoan公式サイトで登録する

カジノ総額10万ボーナス

10betjapanカジノに登録後、初回、2回目、3回目の入金の際に各ボーナスコードを入力すると入金額の100%(最大30000円〜40000円)のボーナスが貰えます!

カジノに興味のある方やスポーツベッティングとカジノの両方してみたい、スポーツベットがメインでプチカジノをしたい方はこの機会にどうぞ!

【各ボーナスコード】

1回目 「SHOKAI300」
2回目「NINDOME300」
3回目「SANDOME400」

詳しくはコチラ

プロモーション期間 : 2020年12月31日日本時間23:59まで

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス
-

© 2020 心配性ブックメーカー投資