ブックメーカー

日本の好景気に実感できないサラリーマンへ。ブックメーカーで稼ぐ仕組みを考える。

ブックメーカー,サラリーマン

サラリーマンの給料はわずかならがら増えているが、社会保険料も増えているので実際の手取りはたいして変わらない。日本よ、いったいどこかが好景気なんだ

というような考えをする方は多いのではないだろうか。

給料が増えると消費する意欲が湧くので企業の利益も増える。お金が回ると経済成長に良い。これが景気循環。

このような考えの政府ですが、テレビの街角インタビューでは「給料増えてますか?」と聞かれると「全く〜!」、「景気が良くなったと感じますか?」、「全然〜!」などど答える方が多い。

好景気のデータが出ているにも関わらず国民は全く実感できません。

このまま政府におまかせでいいのかな?

気づいている人は既に「自分で稼ぐ仕組み」を作っています。

あなたも好景気ニュースなどに惑わされず、実際に自分で稼ぐ仕組みを作り、実感しましょう。


サラリーマンの給料が増えない原因

利益が出てても会社がお金を貯めこみ、労働者へまで十分なお金が回っていない。

幹部の手取りが多く若い者への分配率が低い。

働き方改革による残業の現象。残業により給料へのプラスを組み立てている人も多いが働き方改革が決まってから思うような残業ができなくなった。

給料を一旦上げてしまうと、何かあった時に下げにくい傾向があるため会社は慎重になっている。

これらのような理由によりサラリーマンの給料というのは上がりにくい、もしくは全く上がらない傾向にあります。

給料が増えないなら自分で稼ぐ仕組みを作ろう

サラリーマンの収入は自身の給料が大半をしめているため、給料が上がらなければ貯蓄も出来ない、支出さえ億劫になる。

現在の日本では給料が増えない要素が多いためすぐに行動することができない。

どうすればいいのだろうか・・

自身で稼ぐ仕組みを作らなければいけません。

稼ぐ仕組みとはいったい何なのか?

当サイトではブックメーカーを紹介しているのでブックメーカーであてはめると、

給料の一部をブックメーカーに回し、ブックメーカーで利益を作って収入を増やす。

方法は下記ページでも説明しているので参考にしてください。

>>ブックメーカー初心者がテニスで1日1000円を稼ぐ方法
>>ブックメーカー初心者が1日1万を稼ぎ月30万を目指す為の6つの手順

給料プラス3万円でも違った生活がおくれる

上記ページより一日1000円の利益を目指す方法を説明しましたが、一ヶ月の給料が3万円でもプラスになればどうでしょう?

手取りが16万の方は19万に
手取りが18万の方は21万に
手取りが20万の方は23万に

先に説明した働き方改革による残業代減少分を取り返せるかもしれませんし、それ以上になるかもしれません。

実際にあなたが欲しい月収を設定してみるとよいでしょう。

20万の方がいきなり50万欲しいなどという欲張った考えはやめてください。この目標を達成するにはブックメーカーへ回すお金も必然的に増えることになりリスクが高くなります。

余剰資金の範囲で行うことが重要なポイントです。


給料だけに頼っていても特に生活の変化はないでしょう。

まずは稼ぐ仕組みを作ることから考えていき、生活に潤いをあたえてみてはいかがだろうか。

>>【ブックメーカーとは?】 給料が上がらないサラリーマンへ!副業・投資で始める

-ブックメーカー

Copyright© 心配性ブックメーカー投資 , 2020 All Rights Reserved.