テニス

ライブベットでは断然「ライブストリーミング有り」ブックメーカーが有利

世界に数あるブックメーカーには、スポーツの試合を生中継で放送しているブックメーカーもあれば、そのサービスがないブックメーカーもあります。

ブックメーカーでライブベット(リアルタイム)で賭ける場合、ライブストリーミング映像を見ながらが鉄則。

ライブベットではない場合、オッズが高いブックメーカーや、あなたが操作に慣れているブックメーカーでもよいかと思いますが、

リアルタイムで行われている試合に賭ける場合は、ライブストリーミング映像があるブックメーカーからをおすすめします。

その理由をいくつか説明していきますので、ぜひ参考にしてください。

ライブ映像から読み取れる試合の状況

映像があるのと無いのとでは試合の情報量が全然違ってきます。

ブックメーカーテニスを例にすると、

映像で分かる情報で大切なのは、どのような形で選手がポイントを取ったのか

サーブでポイントを取るにしろ、コート内ギリギリにボールが入っているか?サーブの速さはどうだったか?サーブを受ける相手選手の動きはどうだったか?リターンをされた後のボール処理はどのようなものだったか?など

かなり多くの情報が映像で見れます。

これらの情報は映像がないと確認できません。

同じ条件の中でこれらのサービスを提供しているブックメーカーとそうではブックメーカーではどちらを使った方がいいかは一目瞭然。

ライブベットにおいて、

慣れ親しんでいるブックメーカー < ライブストリーミングがあるブックメーカー

となります。

当サイトで紹介しているブックメーカーで現在ライブストリーミングサービスがあるのは、

bet365

ライブベットにおいてライブストリーミング映像を使っていないのは「損」

先ほども説明しましたが、

同じ条件の中で、映像の情報なしで賭けていることに何のメリットもありません。

オッズが大きく違えばメリットがあると言えますが、

あなたの予想的中率に関して言えば、映像なしの場合低くなるのではないでしょうか。

ブックメーカーで負けが多い、損失が出ている人はこの辺りを見直した方がよいでしょう。

どうしてもライブストリーミングなしのブックメーカーを使いたい場合はどうする?

人それぞれ、ブックメーカーの使い勝手が違いますので、どうしてもライブストリーミング映像無しの普段使っているブックメーカーを使いたい人もいるはずです。

そのような場合は・・

ライブストリーミング映像があるブックメーカーにも登録し、画面を二つ使う

映像のためのブックメーカーと自分が賭けたいブックメーカーを二つ用意してみるといいでしょう。

注意点としては、数値の打ち間違えが発生する可能性があること。

慌てて操作間違えを行うリスクもあるので注意してください。

あとは、スマホで2つの画面をみるのはキツイと思いますので、PCからの方が便利です。

他の利点として、ブックメーカー同士でリアルタイムのオッズを比較できる。

システムの繁栄速度を比較できるなどのメリットがあります。

この方法は初心者向きではないかもしれませんが、早めに慣れておくといいでしょう。

最後に・・

できる限り、あなたに有利な環境を作ってください。

勝ち続けることに対してこだわってください。

集中できる椅子を買う、機能が高いPCを買う、モニター画面を加えるなどの機材投資も良いでしょう。

あなたにとって万全な体制でライブベットにのぞむことをおすすめします。

カジノ総額10万ボーナス

10betjapanカジノに登録後、初回、2回目、3回目の入金の際に各ボーナスコードを入力すると入金額の100%(最大30000円〜40000円)のボーナスが貰えます!

カジノに興味のある方やスポーツベッティングとカジノの両方してみたい、スポーツベットがメインでプチカジノをしたい方はこの機会にどうぞ!

【各ボーナスコード】

1回目 「SHOKAI300」
2回目「NINDOME300」
3回目「SANDOME400」

詳しくはコチラ

プロモーション期間 : 2020年12月31日日本時間23:59まで

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス

© 2020 心配性ブックメーカー投資