テニス

【初心者必読】錦織圭の試合を実況ツイート。賭けるタイミング・狙うオッズなど

バルセロナで試合を行なっている錦織圭。

昨日の試合では若手選手フェリックス・アリアシムへ6-1、6-3と快勝。

世界ランク30位の選手でしたが、実力の差がズバッとでていました。

bet365のライブストリーミングで試合をみていたのですが、第一セットから既に実力の差が現れていたので、これは予想が簡単だと思いました。

ツイッターでライブ実況ツイートを行なったので一部を見て頂きたいと思います。

ブックメーカー初心者の方へ、どのような点を見ているのか参考になればと思います。


試合前の実況ツイート

バルセオロナとツイートしてますが、バルセロナですね。

試合が始まる前に「テニスエクスプローラー」で選手の情報を確認しています。

試合前のOverオッズを確認しています。オッズが良ければ最初からINします。

第一セットの実況ツイート

1ゲーム目は相手選手のプレーを見ていましたが、そこまで・・な気がしました。錦織選手も早速Breakしたので、bet準備します。

錦織選手が30-0の時点でUnder12.5へ賭ける用意えおしてましたので、オッズの動きを予想していたり見てます。、15-0の時点では1.083倍。

予定通り30-0スコアとなったのでunder12.5へINしました。

相手選手の様子も見てOverが狙えるか一応オッズを確認しています。

錦織選手が再度Breakをとりそうだったので、under10.5の準備、考察中。

break寸前となっていましたので、最初にbetした予想が既に利益がでていました。

Under10.5を引き続き狙っています。しかしオッズが1.03なので、フェリックスが次のゲームを奪ってオッズが上がってからを考えています。

ここで、雨が降ってきました。大雨になると試合が中断され流れが変わったり、オッズがCloseされる可能性もあるので、最初にbetしたUnder12.5を利益が出てる段階でキャッシュアウトをしようと考えました。

不安になるのも嫌なのでキャッシュアウト。既に利益を確保しました。

第二セットの実況ツイート

第二セットのUnderオッズを見ています。第一セットを6-1というスコアで終わっていたので、Under10.5の1.11オッズがおいしく感じました。

Under12.5か10.5へ入る準備をしています。

オッズ1.071で入りました。ここは安心の12.5へ。

その次のゲームで錦織選手がbreakされてました。ここでunder12.5のオッズがグンと上がって1.25くらいあったと思います。続行した理由はunder12.5へ賭けていたのでタイブレーク戦以外では賭けが成立します。これまでの試合の状況を見てもタイブレーク戦にはならないと思ったので、キャッシュアウトも考えませんでした。

結果、次のゲームで錦織選手が相手からbreakを取り、自分のゲームでもHoldを決め勝利。Under12.5が成立しました。

試合のまとめ

今回の試合では流れがすごく分かりやすかったです。こういう試合では欲張ってUnder10.5、9.5などを攻めたくなるのですが、bet中の気持ちを考えると12.5が良いと思います。

特に初心者の方はUnder12.5を多様していただきたいと思います。

オッズに関しても1.07から1.08ですから、1万betで1回700円、800円の利益で悪くはないでしょう。

もちろん賭け金を上げて10万betなら一回で利益が7000円、8000円となります。

あなたに無理のないbet金額をシュミレーションして是非ブックメーカーテニスへ挑戦してみてください。

※ここでツイートしている私のbetタイミングなどによる損失などへは一切の責任を負いませんので、あくまでも参考にとどめておいてください。

実況ツイートに関する詳細は下記ページを参考にしてください。

>>【Twitterで実況ツイート】ブックメーカーテニス限定で始めようかと

カジノ総額10万ボーナス

10betjapanカジノに登録後、初回、2回目、3回目の入金の際に各ボーナスコードを入力すると入金額の100%(最大30000円〜40000円)のボーナスが貰えます!

カジノに興味のある方やスポーツベッティングとカジノの両方してみたい、スポーツベットがメインでプチカジノをしたい方はこの機会にどうぞ!

【各ボーナスコード】

1回目 「SHOKAI300」
2回目「NINDOME300」
3回目「SANDOME400」

詳しくはコチラ

プロモーション期間 : 2020年12月31日日本時間23:59まで

じゃらぽわ
他にもお役立ち情報をツイッターでつぶいやいてますのでフォローしてください!

-テニス
-

© 2020 心配性ブックメーカー投資