ブックメーカー,失敗

ブックメーカー

ブックメーカー初心者だった私の失敗例と改善したこと

ブックメーカーを始めたけど、なかなか勝てない・・

定期的には勝つが負けもでてくるのでなかなか利益につながらない

など、ブックメーカー初心者さんが陥りやすい失敗を私の体験も踏まえお伝えしていきます。

また失敗を改善する対策に関してもしっかり説明していきますので、「あ、これ私だ」と思う方は是非参考にしてみてください。

ブックメーカーテニスでの失敗例

私の場合、最初にブックメーカーを始め出したのは、ブックメーカーテニスでの情報をインターネットで発見してからです。

5年前ほどですが、当時はテニスに関しての情報を発信する人がそこまでいなかったので、具体的な方法を出してる方の記事はけっこう読み漁っていました。

数人の方の情報を元に行った私の初心者ブックメーカー失敗例は下記になります。

失敗例5つ

  1. 事前ベットだけ行っていた
  2. ブックメーカーオッズだけで判断していた
  3. 世界ランキングだけで判断していた
  4. とりあえず数をこなしていた
  5. 一回の失敗がどれだけの損失かを理解していなかった

それでは一つずつ具体的に説明していきます。

事前ベットだけ行った

当時私はライブベッティングもより事前ベットの方を先に行っていました。

事前ベットとは深夜帯などの時間でライブベッティングができない場合にあらかじめ公開されているオッズへ賭けることを言います。反対にライブベッティングとは、リアルタイムで試合に賭けることをいいます。


ライブベティングのスピードについていけるか心配だったからです(笑)。

事前ベットではあらかじめ用意されているオッズに賭けるだけなので自分のタイミングで出来、自分に合っているかと思いました。

実際ライブベッティングに慣れるまでにはある程度時間はかかるものの、思っているよりたいしたことはありません。

基本的にはライブベッティングをお勧めします。

ブックメーカーオッズだけで判断していた

当時の私の手法の一つ、「オッズ差を見る」

これは今でも使うのですが、当時はこれ単体だけのデータで賭けていました。

今思うと何て危なっかしい賭け方をしているんだ・・と思いますが、私は初心者だったのです。

例えばオッズ差が5以上の数字(A選手1.2、B選手6.2)が出ていれば勝てる可能性が高い…と。

もちろん5以上の差が出ていれば勝てる見込みは高いのですが、実際はこのデータだけでは判断してはいけません。

あくまでもデータの一つとして考え、総合的にみていかないと負けがいつかはきます。

世界ランキングだけで判断していた

こちらもそうですが、世界ランキングのデータ単体で賭けていた事もあります。

世界ランキングが100以上離れていればラッキーな試合!絶対賭ける!などと思い、大きく賭けてみたり。

こちらも勝てる可能性は高いのですが、例外の場合もあり負ける事もありました。

とりあえず数をこなしていた

ブックメーカーのオッズ差や、世界ランキングの差を見て、とりあえず対象となる試合を見つけてはやみくもに賭けていました。

1回失敗しても数をこなして勝っている数が多ければプラスになれると思っていたからです。

1回の失敗がどれだけの損失かを理解していなかった

そんなこんなで1日に7〜15程の事前ベットを行い、朝起きて結果を確認する毎日を過ごしていました。

「起きてからの楽しみ」な感じで楽しかったです。

ですが、数を大きくこなして勝率も高いのに利益がそこまで出ていない事に気づきました。

なぜなのか?

世界ランキング差やブックメーカーオッズの数値差など、ある程度勝てる見込みがある条件だったためオッズが低かったのです。

1.01〜1.2くらいでしょうか。

勝つ回数は多いのですが、1回負けた時の元本の回収が難しい点を全然考えていませんでした。

それから「一回負ければまた0からになる」と考えだし、もう少し真剣に考え始めたと思います。

失敗を回避するためにすること

当時初心者だった私の失敗例をいくつか説明してきましたが、今思うとこうしておけばよかったと思う点があります。

メモ

  • 事前ベットのみじゃなく時間に余裕があるならライブベティング
  • ブックメーカーオッズ差はあくまでもデータの一つ
  • 世界ランキングもあくまでデータの一つ
  • 1回の失敗を回避するために渾身の一発を目指す
  • もし失敗してもキャッシュアウトを徹底

事前ベットのみじゃなく時間に余裕があるならライブベティング

ライブベッティングを恐れないこと。

ライブベッティングではスピーディーな操作が必要となってきます。

しかし、ライブベッティングのメリットとして新鮮なデータを把握できること。

新鮮なデータとはリアルタイムで行われている試合のデータです。

世界ランキングが高い人が低い人にリードされているなど、そういった情報がライブベッティングで得ることができ失敗を回避できます。

ブックメーカーオッズ差、世界ランキングはあくまでもデータの一つ

試合が始まる前に公開されているブックメーカーのオッズ差は試合が始まれば変動していきます。

試合の状況次第でオッズ差が変動するのです。

世界ランキングに関しては試合に変動することはありませんが、世界ランキングのデータはあくまでデータとしての一つとして考え、他のデータも組み合わせて総合的に考えていきましょう。

世界ランキング、過去の対戦成績、種別コートでの成績、直近の成績、怪我の情報などを組み合わせる事によりもう一段階クオリティが高い予想ができます。

1回の失敗を回避するために渾身の一発を目指す

複数賭け勝率が高くても1回負ければ利益がなくなる、または元本を割ることがあります。

なので、常に渾身の一発を目指します。

10回賭けるのであれば10勝を目指します。

下記は1.025倍のオッズに最初は10000円、勝った利益をさらに賭けていく方法です。

1 100,00円 1.025倍 10,250円
2 10,250円 1.025倍 10,506円
3 10,506円 1.025倍 10,768円
4 10,768円 1.025倍 11,038円
5 11,038円 1.025倍 11,314円
6 11,314円 1.025倍 11,596円
7 11,596円 1.025倍 11,886円
8 11,886円 1.025倍 12,184円
9 12,184円 1.025倍 12,488円
10 12,488円 1.025倍 12,800円

10回連続で勝てば2800円の利益となりますが、1回負ければ10000円の損失となります。

10000円を失えば再度元本10000円を取り戻すことから始めないといけません。

一回の失敗というのは大変な損失と理解しておく必要があります。

ブックメーカー初心者が1日1万を稼ぎ月30万を目指す為の6つの手順

ブックメーカーの利用者が日本でも増えてきているので、今回は具体的にブックメーカーで稼ぐ方法を説明してみます。 誰にでも出来る方法で、地味な作業の割にある程度の収入が見込めます。「すぐに大金を手にしたい ...

続きを見る


もし失敗してもキャッシュアウトを徹底

ずーと勝てていれば問題ないのですが、人間ですので100%勝てるなどはありません。

いつかは負ける時がくるのです。

大事なのは負ける時にどのような行動を起こすかです。

そこで登場するのがキャッシュアウト機能です。

キャッシュアウトとは、対象の試合が行われている中で、賭けた金額の何%を取り戻す事ができる機能です。


ブックメーカーで利益を出せるか出せないかはキャッシュアウト機能をうまく使うかで判断できます。

例えば

テニスの試合で10000円を賭けています、状況が悪く予想が外れるかもしれません。この時にキャッシュアウトを使えば賭け金の40%である4000円が戻ってきます。

しかし、また状況が回復しあなたの予想が当たるかもしれません。最後まで結果を待てばオッズ通りの払戻金が入ってくるかもしれません。

あなたはキャッシュアウトできますか?


ブックメーカー初心者の方なら必ず迷ってしまいます。

なぜならキャッシュアウトの設定をあなた自身で行なっていないから。

いくらまで下がれば必ずキャッシュアウトするというルールをあなた自身で作れているかどうか。

このルールを徹底していなければ、

か・な・ら・ず

ブックメーカーで負けます。

各ブックメーカーのキャッシュアウト方法は下記になります。

bet365,キャッシュアウト
bet365のキャッシュアウト方法|オートキャッシュアウトのメリット・デメリット・使い方も説明

キャッシュアウトを極めれば早めのリスク回避が可能になります。 操作方法も簡単でブックメーカー初心者の方でもできますので早めに覚えておくことをおすすめします。 bet365では他のブックメーカーと違いオ ...

続きを見る


ウィリアムヒル,.キャッシュアウト
ウィリアムヒルのキャッシュアウト(cash out)方法

キャッシュアウト(Cash out)とは、賭けの途中でキャンセル、または利益・損益確定をする事です。 キャッシュアウトを極めれば早めのリスク回避が可能になります。 操作方法も簡単でブックメーカー初心者 ...

続きを見る


10betjapan,キャッシュアウト
10betjapanのキャッシュアウト(Cash Out)方法

キャッシュアウト(Cash out)とは、賭けの途中でキャンセル、または利益・損益確定をする事です。 キャッシュアウトを極めれば早めのリスク回避が可能になります。 操作方法も簡単でブックメーカー初心者 ...

続きを見る


さいごに

いかがでしたか?

今回はブックメーカー初心者だった頃の自分自身を振り返ってみました。

いろんな失敗があり試行錯誤しての5年間の経験があるので、今まだブックメーカーを続けているのだと思います。

退場しないで生きています(笑)

情報社会の今、最初から出ている情報はインプットしていきましょう。

5年前と違って今はブックメーカーに関しての情報がたくさんあります。

当サイトでも続けてより良い情報をお届けできればと思います。

-ブックメーカー

Copyright© 心配性ブックメーカー投資 , 2020 All Rights Reserved.