ブックメーカーテニスで稼げるコツ

テニス

ジョコビッチがやらかす中、テニスのライブベットで稼いだ例をどうぞ

昨日、ジョコビッチがコロナに感染したとのニュースが出ていました。

原因は自身が主宰した大会の前か後祝いのパーティーでハメを外したそうです。

ジョコビッチほどの体力の持ち主ならすぐに回復されると思いますが、周りの方はそうでもないでしょう。

自粛でストレスが溜まっていたのかやらかしたジョコビッチですが、この機会に感染防止を一般人に広めてほしいですね。

そんな中、私は午後のテニスライブベットで稼いでいました。

bet365のライブストリーミングでじっくり試合を見て流れを掴みながらの大道スタイルです。

ベット数は少ないですが、全て的中しましたので詳しい様子を解説していきます。

ライブベットしたテニスの試合試合

Grynkowski Piotr(1124) 対 Gajewski Kamil(圏外)

ブックメーカーテニスの攻略

ライブベットしたオッズとタイミング

第4ゲーム Piotrが相手選手に対しらラブゲームでブレイクをとった瞬間にベット。ラブゲームでブレイクを取るのは流れが完全にPiotr選手に乗ったと思える。

Set1 Piotr勝利 1.10倍 

第一セット6-3でPiotr勝利で成功。

相手選手もブレイクを取る場面がでてきたので1つベットで終了。

Muller Alexandre(245)対Grenier Hugo(242)

テニスのライブベット

ライブベットしたオッズとタイミング

4-4の試合途中から、試合をチェック。Hugoがゲーム4で先にブレイクをしてるけど、Mullerはゲーム7、ラブゲームでブレイクを取り返す。ブレイクを取った後のブレイク返しは試合の流れが定まっていないのでベットはしない。最後はHugoのブレイクで終わる6-4。流れはHugoか?

Hugo40-0から逆転でゲームを取ったのはでかい。

第二セット0-1でhugoがラブゲームでブレイクを取った時点でベット。第一セットのHugoの流れが第二セットにも影響していることからタイブレークにはならないと予想。

第二セット under12.5 1.11倍

最終的に6-3となり成功。タイブレークNoのオッズにも賭けていればと反省。

Petit Gabriel(504) 対Eysseric Jonathan(637)

ブックメーカーテニスのライブベット

ライブベットしたオッズとタイミング

第一セットから見ていたが、トイレの気配。トイレいってる間にチャンス逃し、第二セットへ。

第一セットで負けてたPetitが先にブレイク。なぜか第一セット分のベットをここで取り戻したいと焦りベット。

第二セットunder10.5 1.16倍

その後すぐにJonathanがブレイク成功。、、ブレイク取ったあとのブレイク返しで流れが読めてないと判断し、キャッシュアウトで組み立て直す。賭け金の33%損失。

試合結果が7-5となっていたのでキャッシュアウトは正解だった。

頭冷やすためここで終了。

Faivre Pierre(977) 対 Added Dan(378)

テニスのライブベット攻略

ライブベットしたオッズとタイミング

Danが1ゲーム目からブレイク成功0-30、Danが3ゲーム目もブレイク成功0-40。この状況を見て、「Game to deuce」を使いたがる。明らかにDanの流れなのでベット。

4ゲームデュースなし 0-15ダンの時点でベット 1.14倍 1ポイントだけ取られ勝利 的中!

第6ゲーム目でFaivreがようやくサービスキープ4-1。試合の様子を見る。

まだDanの流れが変わっていなかったので、ベット。

7ゲーム目勝利 Dan 1.10倍 40-15の時点でベット Pierreの1stサービスがなかなか決まらないのでいけると思った。結果的中。

1セット目6-1でdan勝利。Pierreのミスが目立ってた。

面白い試合(ベットしやすい)だったのでこのまま第二セットもチェック。

Danネット前のプレーが上手。第二セット最初のゲームもdan調子いい。

Pierreラリー戦も負ける精神的につらい。0-2

デュースなし1.083倍 40-15でベット Danに余裕みられる。40-30で勝利 スコア0-3

よく考えるとあと1ポイント取られていたら負けてたのでやっぱり「Game to deuce」のリスクを感じる。

Pierre11ゲーム目でようやくサービスキープ。

第二セットUnder9.5 1.10倍 3-5でDanリード。これまでブレイクされていないのでベット。

デュースまで追い込まれるがキャッシュアウトなしでせめる。3-6で勝利。うん、ギリギリだった。

Darderi Luciano(1449) 対 Ricca Giorgio(688)

ブックメーカーテニスのライブベット

ライブベットしたオッズとタイミング

Riccaが2ゲーム目15-0でブレイクしたのでベット。ちなみに1ゲーム目はloveゲームで取っている。

第一セットUndr12.5 1.12倍 第一セット6-1で勝利

第二セット、試合を集中してみる。

Riccaは長身で動きが遅いビッグサーバーか。Ricca後半サーブの精度が落ちたけど、なんとか粘り勝ち。

Luciano第二セットしょっぱなから吠える。ストレスあり。しかし動きが衰えない。

第二セットOver8.5 1.10倍にベット 3-3となったので成功!

Lucianoの調子がでてきているのとRiccaのサーブ精度が落ちてきているが粘りを見せているのでベットしました。

後半Lucianoが明らかに調子を上げてきているが、Riccaの粘りもあるのでタイブレーク。予想難しいと判断し終了する。

1試合丸ごとbet365のライブストリーミングでチェックすれば勝てる?

テニスの試合はデータも大事ですがそれよりも当日の試合状況が重要。

bet365のライブストリーミングで1試合全部見ていたとしても高確率のチャンスは数回、あとの小さいチャンスは勝負するかどうか。

ちなみに出金出口目標を自分なりにしっかり設定しておけば、少額、高額、少ないベット、多いベットなど、どのスタイルがいいかは関係ありません。

勝つ時は勝つ、負ける時は負ける。しかしチャンスは逃さないようにし、出金出口目標を守る事が大事。

また面白いオッズを探しライブベット頑張ります。

テニスのライブベットに最適なブックメーカーは「bet365

-テニス

© 2020 心配性ブックメーカー投資